オールインワンジェル!毛穴のお悩み人気ランキング!

 

毛穴の開き・毛穴のたるみが気になるあなたへ!

 

数多くあるオールインワンジェルの中から、”毛穴対策向けランキング!”を作成いたしました!

 

 

また、毛穴を含む”5つのよくあるお肌のお悩み”を5点満点方式で解説します。

 

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

 

メディプラスゲル

 

毛穴ケア

 

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

デメリットは?

 

オイリー肌の人は、少しベタつく&コッテリに感じるかもしれません。

 

【公式】→https://mediplus-orders.jp

 

 

 

保湿力が売りのオールインワンジェルのため、普通〜乾燥肌向けといえます。

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム

 

エミーノボーテ

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリームは目元や口元の”ハリ”や小じわやクスミが気になる方にピッタリ!

 

デメリットは?

 

返金保証がない点。

 

また、ポンプ式でない点(※好みの問題ですが・・・)
です。

 

【公式】
→http://www.sukoyaka-egao.jp

 

 

 

ピュアメイジング

 

ピュアメイジング

 

  • 返金保証:30日間全額保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ピュアメイジングはニキビ&シミが気になるあなたに最適なオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”1つで12役(※業界最多)”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

特にありませんが、ややべたつく!と感じる人もいるようです。
※私はそうは思いませんが・・・(汗)

 

 

【ピュアメイジング 公式サイト】
→http://puremazing.jp/

 

 

 

ユーグレナoneオールインワンクリーム

 

 

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:77g※約2か月分
  • 初回定期購入:1,950円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ミドリムシをという”藻”を豊富な栄養素をお肌!
他社にはない”ミドリムシ”が入ったオールインワンジェルです。

 

ちなみみ、定期コース縛りなし!解約・休止いつでもOKのため、気軽に定期便でも注文できます。

 

デメリットは?

 

返金保証などがありません。
また、ミドリムシ、という言葉に抵抗がある人もいるかもしれません(汗)

 

 

美容Q&A

 

美容が気になるOLさん

 

毛穴の開き・黒ずみの原因

 

毛穴の開きや黒ずみなど気になりませんか。特に鼻が目立ちますよね。その原因を知ることで対処法が分かります。
毛穴の開きの主な原因は、皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、そしてたるみやニキビ痕です。汚れの詰まりを感じた時、毛穴パックをしたりしませんか。これも開く原因です。正しい洗顔と保湿により肌のキメが細かくなり改善されることが多いですが、一体どれくらいの人が正しく出来ているのでしょうか。また、適度な運動と食事バランスをきちんと考え、レチノールやビタミンC誘導体、タンパク質を取ることも、たるみやニキビの対策になります。これらのどれかが足りていないと毛穴は広がります。
一方、黒ずみの原因は何でしょうか。いくつかのタイプがあります。汚れ詰まり、毛穴広がり、オイリータイプ、メラニンタイプと分けられます。どのタイプにも言えますが、きちんと洗顔をすることが重要です。汚れの詰まりの多くは、埃やファンデーション残りです。しっかりとクレンジングと洗顔をすれば改善されます。残りの3タイプは、洗顔に加え保湿も念入りにしましょう。また、メラニンタイプは紫外線によるものなので、小まめに日焼け止めを塗ることが大切です。メラニンが生成されることで、色素沈着が起こり黒ずみとなるからです。もちろん、毛穴の開きと同様に適度な運動とバランスの取れた食事も重要となることは忘れないで下さい。


 

敏感肌の原因は?

 

敏感肌は多くの人が悩まされるものですが、これは複数の原因が組み合わさって起こります。

 

敏感肌の原因として代表的なのは乾燥です。冬のような空気が乾燥しやすい時期になると皮膚の乾燥もすすみやすくなり、敏感肌になる可能性が高くなることはよく知られていますが、夏のような湿気の多い時期であっても毎日のようにエアコンを長時間使用すると、室内の空気が乾燥してきて敏感肌になりやすい状態になります。乾燥しやすい環境にいる場合は、より念入りに肌のケアを行う必要があります。

 

加齢も敏感肌の原因としてよく挙げられています。人間は歳を重ねるにつれて肌の弾力が失われ、紫外線などの外部の刺激から身体を守る機能も低下していき、少し前まではそれほどダメージを受けなかった刺激に対しても敏感になります。加齢が原因の敏感肌を改善するためには、エイジングケアに重点が置かれた化粧品の使用が欠かせません。
また、誤った方法でスキンケアをし続けてしまうと敏感肌になりやすくなります。自分の肌質に合わない化粧品を使い続けていたり、日焼け止めが必要な時期にケアをしないままでいたり、顔や身体を力を入れて洗いすぎると肌が刺激に敏感になってしまいます。

 

 

シミ・そばかすの原因は?

 

シミはそばかすが出来てしまう最大の原因は、「紫外線によるダメージ」と言われています。人の肌は紫外線を浴びると、そのダメージから肌細胞を守る為に、メラニン色素という色素を作り出す仕組みが備わっています。

 

紫外線を浴び続けてしまうと、次々にメラニン色素が作られてしまい、肌細胞にこの色素が沈着する事でシミやそばかすとなるのです。

 

また、肌に負担がかかるようなスキンケアやマッサージを行った場合も、紫外線を浴びた時と同様、メラニン色素が作られやすくなります。

 

ゴシゴシ肌を擦るなど刺激がかかるスキンケア・マッサージも、肌を負担から守る為に、メラニン色素を多く作り出す原因となってしまうようです。

 

この他に肌のターンオーバーが遅くなる事も、シミやそばかすに繋がります。肌のターンオーバーとは古い肌細胞が角質として自然と剥がれ落ち、新しい肌細胞へと生まれ変わるサイクルの事です。健康な肌であればターンオーバーは約28日の周期で繰り返されます。

 

ただ、間違ったスキンケアや加齢などによって、ターンオーバーの周期が長くなってしまうと、新しい細胞を作るスピードが遅くなってしまいます。すると、メラニン色素を含んだ肌細胞が長く、肌に居続ける事になりシミやそばかすが出来やすいようです。

 

大人ニキビができる原因は?

 

人体にとって程良いストレスを感じる状況は悪い事ばかりではないのですが、著しく負担に感じる過度な状態が継続すると自律神経が乱れ大人ニキビが発生します。

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り立っているのですが、ストレスにより常時交感神経が活発化していると、ノルアドレナリンや男性ホルモンが過剰分泌されてしまいます。

 

男性ホルモンにより皮脂量が増加し脂性肌になると毛穴などに皮脂が蓄積しやすくなるので、洗顔時に除去することができずに酸性化したり細菌を呼び寄せてしまい大人ニキビになります。

 

またストレスを感じると寝付きが悪くなったり、便秘がちになるので睡眠不足によって大人ニキビが誘発されたり排出物が体内に残り続けるため、大人ニキビの原因になり得ます。

 

そして大人ニキビと呼ばれている事からもわかるように、社会人となり自立した生活を送っている方に起こるニキビを指しますが、大人になれば仕事における様々な付き合いがあり夜遅くまで飲み会などに参加しなければなりません。

 

そうしたお付き合いにより夜の遅い時間に飲食店などで油分が多い料理を口にしたり、お酒を嗜んだ後に帰宅しすぐに就寝すると消費されずに溜め込んでしまうので、油分の過剰摂取になり大人ニキビの原因になります。

 

乾燥肌になる原因は?

 

乾燥肌は、本来は肌の水分を守っている角質層の機能が、
様々な原因で低下してしまい、肌の水分量が不足して潤いがなくなってしまうことが原因となって起こります。乾燥肌にならないためにも、保湿を心がける必要があります。

 

特に空気が乾燥していたり、紫外線によるダメージ、ストレスや生活習慣の乱れ、クレンジングや洗顔の時にこすりすぎることなどが
、角質層の機能が低下する原因となります。熱いお風呂などに長時間入浴することも、乾燥肌につながることがあります。

 

乾燥肌を防ぐには、空気が乾燥する季節やエアコンが強い場所に行く時には、保湿効果のあるミスト化粧水を使ったり、紫外線を防ぐために帽子などをかぶったり、紫外線を防ぐ化粧品を使ったりすることが良いでしょう。

 

また、規則正しい生活を心がけ、バランスの良い食事としっかり睡眠を取るように注意しましょう。ストレスも上手に解消することで、乾燥肌を防ぐことができます。

 

クレンジングや洗顔の時には、自分の肌質や使っている化粧品の種類によって、正しいクレンジングや洗顔を心がけるようにしましょう。

 

保湿成分の含まれているクレンジング剤もあるので、乾燥肌が気になる場合は、試してみると良いでしょう。

 

オールインワンジェルQ&A

 

オールインワンジェルのメリット&デメリット

 

オールインワンジェルのメリットと言えば、やはり化粧水・乳液・美容液・保湿クリーム・化粧下地の工程を一つにまとめて仕上げることができる点でしょう。まだ年齢が若い方でしたら化粧水と乳液の組み合わせや化粧水と保湿クリームといった組み合わせのスキンケアを行うだけでも、健康的なお肌を維持することが出来てしまいます。しかし年を重ねていくと肌トラブルが少しずつ増えてきてしまうため美容液やアイクリームやフェイスマスクなどの基礎化粧品をプラスしてお肌のケアをする必要が出てきます。毎日朝と晩にエイジングケアをするのは大変なことですからオールインワンジェルを使うと負担を減らすことができるでしょう。おまけに基礎化粧品を単品で買い揃えるよりも費用が安く済むところもメリットです。しかし便利なオールインワンジェルにもデメリットはあります。特に厄介なのはお肌をしっとりさせたりサッパリさせるという仕上がりを調整することが難しい点です。基礎化粧品を単品で使う場合には量を調整してお肌をしっとりさせたり、サッパリさせることができます。またお肌のたるみやシワやシミといったトラブルをしっかり改善するためには少し効果が薄くなってしまうところもオールインワンジェルのデメリットでしょう。

 

 

化粧水の役割は?

 

普段何気なく使用している化粧水ですが、その役割を知っておかないと効果を最大限に発揮することはできません。化粧水をなぜ使うのかというと、最大の目的は肌の保湿です。スキンケアの最も基本的なことは洗顔ですが、洗顔フォームできちんと洗った肌は、汚れは当然落ちていますが、皮脂も全てきれいに落とした状態です。皮脂を落とさないと毛穴がつまる原因になりますが、皮脂が無さすぎると、肌が乾燥してしまいます。これを防ぐために、洗顔後は化粧水を使用して保湿力を高めるようにします。また、余分な皮脂の分泌を抑える効果もあります。ある程度の皮脂が分泌されることは肌にとって良いことですが、これが過剰に分泌されるとよくありません。女性の場合は、化粧が崩れてしまいますし、男性の場合でも、顔がテカテカになって不潔な印象を与えてしまいます。その点、化粧水には肌を引き締める効果がありますので、適度な保湿を保ったまま持続させることができるのです。また、化粧水には美白成分があるので、日焼けなどによるシミを防ぐ効果があります。シミは発生してしまうと除去するのが大変なので、普段のスキンケアからしっかりと対策をしなければいけません。つまり化粧水はスキンケアにとって必須の対策なのです。

 

乳液の役割を

 

普段からスキンケアを行っている女性は多いものですが、化粧水や乳液って何が違うんだろうと思ったことのある人もいるのではないでしょうか。毎日のスキンケアで使うものだからその役割を知って正しく使用していきたいものです。化粧水は肌に水分を与えて整える役割がありますが、乳液は化粧水で補った水分を逃がさないように蓋をする役割があります。乳液は油分が含まれているため使用感が良いのですが、どちらかといえば保湿をするものではなく乾燥を防ぐという目的で使用します。乳液は化粧水を使用したあとに使いますが、10円玉くらいの量を手に取って顔の外側から肌に馴染ませていきます。コットンを使用するという方法もありますが、ニキビなどの炎症がある場合は肌を傷つけないためにも清潔な手で肌へ馴染ませることをおすすめします。よくクリームの方が油分が多いから乳液はいらないと思っている人もいますが、乳液は水分量がクリームよりも多いので同時に潤いを補うこともできますし、化粧水や美容液と馴染みやすいのです。化粧水や美容液を肌に浸透させる役割があるので、その後に化粧水にて水分を蓄えた角質層に蓋をするという意味でクリームを使うと良いでしょう。